スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫楠 

猫族の目を通して観察する、
明治の奇人、あるいは妖怪の正体。




kuma.jpg




作者の水木しげるは妖怪を好むあまり、現生人類の中からも「生身の妖怪」を見つけ出し、その不思議な姿を描こうとしたのかもしれない。
妖怪の定義はよくわからないが、まずは自分の好きなことしかしない、食うために働かないということであって、つまりは人間ではなく、猫族のほうに近いというのである。

南方熊楠は慶応三年に熊野に生まれた実在の人物で、幼い頃より異常な学力を示し、青年期には東京大学予備門に入学。漱石、子規らと同窓となるが、明治国家のエリートたる道を捨て、生涯を好きな粘菌の研究と極貧の生活に捧げるのである。

妖怪であるからには特技がある。
熊楠は牛のように、一度咀嚼し、胃の腑に落とした食い物を自在に口中にもどし、再び食うことができたという。粘菌を追い求め、山中を彷徨うときなどは、大量に食いだめし、この特技を活かして何日も生存できたらしい。
また、極貧であるから着る物もなく、ほとんど裸で暮らしたともいわれる。こうした無頓着さと生命力もひとつの特技といえるのかもしれない。
十八ヵ国語を話せたらしいということも、妖怪の証拠ともいえる。

熊楠は大学予備門を中退し、まずは米国に向かう。
ミシガン州立農業大学に入るが、ほどなく退学し、サーカス団に混じって全米を放浪する。粘菌、博物学の研究のためである。
その後、ロンドンに渡り、馬小屋を住処としながらも、権威ある英国の科学雑誌「ネイチャー」に論文を寄稿。大英博物館の嘱託研究員の職を得るが、あまりの薄給のため、乞食同然の暮らしだったという。
帰国後は紀州に棲み、粘菌学、民俗学などの研究を深め、仙人のような生活をした。

粘菌とは、植物とも動物とも定かではない不思議な存在らしい。
昭和四年、天皇の紀州行幸の際、招かれて粘菌について進講したが、金がないせいか、標本がミルクキャラメルの箱に収められていたため、昭和天皇が微笑まれたというエピソードがいまに残っている。

人間なのになぜ働かないのだろう?
熊楠は、めしのために働くという人間の大原則を破る男だった。
猫族にただならぬ興味をもたれた熊楠こそ、真の妖怪といえるのかもしれない。


「猫楠 南方熊楠の生涯」 水木しげる
1991-1992年 講談社「ミスターマガジン」連載
スポンサーサイト

コメント

はじめまして。野風僧さん。
今作は喋る猫、猫楠が良い狂言回しになっていていますね。だから魔女が出てきても「熊楠だからなぁ・・・」とすんなり読めちゃいます。



楳図かずおや丸尾末広、諸星大二郎や須賀原洋行先生の作品まで網羅しているのに驚かされました。
ボクは中国でブログを書いている者です。リンクさせて頂いても良いでしょうか。

コメントありがとうございます

中国留学中とはうらやましい。
巨大な国の良い部分も悪い部分も理解して、ぜひ将来に活かしてください。
  • [2008/08/30 04:18]
  • URL |
  • 管理人・野風僧
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Mさんへ

いつもご訪問ありがとうございます。
リンクはご自由に。
また引用も一般的ルールに従ってもらえればまったく問題ありません。
こちらからも時々寄らせていただきます。
  • [2008/09/01 09:13]
  • URL |
  • 管理人・野風僧
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。