スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嗚呼!!花の応援団 

生き地獄のような大学応援団の生態をギャグ化した、
もっとも下品にして哀切ただよう漫画。






1970年代の漫画アクションは、「嗚呼!!花の応援団(75年)」「博多っ子純情(長
谷川法世・76年)」「じゃりン子チエ(はるき悦巳・78年)」など、地域性の強い、
あるいは土着的なアクの強い漫画のヒットを飛ばした。

江戸の頃、大坂は枚方のあたりに客を乗せた三十石船がさしかかると、くらわんか船
なるものが漕ぎ寄せて来て、喧嘩腰で酒や餅を売りつけたといわれる。
「われ起きんかい!酒喰らわんか、餅喰らわんか」
「金がなくて喰らわれんのかい?」
くらわんか船は河内のあたりからやってきたらしい。
こうした暴言、悪口雑言はなにも喧嘩を売っているのではなく、河内ではごく普通の
言葉遣いだったともいわれる。

「嗚呼!!花の応援団」の舞台は南河内大学というから、その地域性からいっても決
して上品ではない。暴力、性欲の表現も直截的で、放送禁止もしくは自主規制の対象
となるべき言葉が頻出するが、「方言だから許される」とばかりに遠慮会釈がない。傍若無人とすらいえる。

主人公は応援団の親衛隊長・三回生の青田赤道で、性と暴力の欲望にきわめて忠実な、
ある種のスーパーマンである。欲望を満たしたあとは「ちょんわちょんわ」「クエッ、
クエッ、クエッ」などと意味不明の雄叫びと下品なダンスで喜びを表現したりする。
そして、それを目撃した団のOBである剛田先輩が、目を点にして「団のめんぼく丸つ
ぶれ」と嘆いて落ちることが多い。
「目が点になる」という漫画表現は、この「嗚呼!!花の応援団」の作者どおくまん
が最初にやったのではないかと思う。

可哀相なのは「奴隷」である一回生たちで、硬派をめざして入団したのだろうが、先
輩たちの実体は軟派そのもので、行動に規範も自主規制もない。
大阪らしく、欲望と利に走るのである。

「嗚呼!!花の応援団」 どおくまん
1975年- 双葉社「週刊漫画アクション」連載
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。