スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「悪女聖書」 

母親は結婚式場で首を吊り、息の絶えた体から業子は生まれた。
誕生と同時に「深い業」を背負わされた悪女の話。


【古本】悪女聖書 1~8巻セット kn

世界史に残るほどの悪女はたくさんいる。
たとえば漢の高祖の妃である呂公は、気に入らない家来を目の前で処刑させることに悦びを感じるような女だったらしい。
高祖の死後は、側室の手足を切断し、眼を抉り、耳を削ぎ、厠に閉じこめたりしたという。
呂公の場合、悪女というよりも悪質なサディストのような気がする。

あるいは、フィレンツェのメディチ家からフランス王家に嫁いだカトリーヌ・ド・メディチ。
魔術師や錬金術師などを身近においたといわれるオカルティックな女で、黒ミサのような淫靡な儀式を行っていたらしい。人を鞭でいたぶり、毒殺や暗殺を好んだという。
カトリーヌ・ド・メディチの場合、悪女というより魔女のような感じがする。

「悪女聖書」の業子(なりこ)は、権力者の妻や娘ではない。
悲しみを纏って生まれてきた女である。
母親は結婚式場で首を吊り、息の絶えた体から業子は生まれた。
誕生と同時に深い業を背負わされているのである。

業子は家を追われ、女工をやりながら、生きるために悪女になることを決意する。
はじめはぎこちない。悪女に徹することのできない悲しみがある。
が、業子は知恵者でエネルギーに満ちた女である。
いつの間にか大企業のOLとなり、なぜか華道の家元夫人におさまったりする。
渡仏し、フランス貴族と恋に落ち、やがて男を不幸へと導く。
さらに料亭の仲居をやったり、看護婦をやったりと、変幻自在である。
ひたすらに、男と愛と金を求めて行動する。

小池真理子著「知的悪女のすすめ」(角川文庫)では、悪女が雪女に喩えられている。
「知的悪女は、男を抱いて凍らせてしまう雪女である」と。
男は恐れながらも、その冷たい神秘の魅力にひかれ、虜になってしまうのだという。

悪女とは一体なんなのかはよくわからないが、もしかすると、どこまでも自分を愛そうとする女のことかもしれない。
その強い愛が他者に向けられるとき、情はとてつもなく深いのである。

「悪女聖書」 作・池田悦子 画・牧美也子
全27巻 光文社コミックス
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。