スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「迷走王ボーダー」 

クソッたれたイメージ社会に適応した人間たちを
「あちら側」と呼ぶ、
無為で過激なボーダー(境界線上)の生き方。


ボーダー 全14巻 狩撫麻礼&たなか亜希夫/作

この漫画は僕のバイブルのようなものだった。
こんなものをバイブルにした人間の人生は、ろくなものではない(憫笑)。
ボーダーな生き方は、漫画の世界でのみ愉しむのがいいのかもしれない。

蜂須賀と久保田は、旅の途中、中近東あたりで出会った。
蜂須賀は東京に帰ると久保田の住む「月光荘」を訪ねた。
しばらくして居候は申し訳ないと、「月光荘」の元共同便所だった便器のある部屋に棲むようになる。家賃は月3千円。

蜂須賀と久保田、東大志望の浪人生木村(のちに東大農学部)の三人は、ともに「月光荘」で飯を炊き、味噌汁をすする生活者となる。

「無為こそが過激。なにもしないでブラブラしているのがホントは一番チカラ技なのさ」

蜂須賀がクソッたれたイメージ社会と呼ぶ、「あちら側」への一方的な敵意が軋轢を生み、大騒動を起こす。
泉鏡花の「高野聖」を想わせる山中の彷徨をしたかと思えば、地下のセメントプロレスでおのれの修羅を賭ける蜂須賀。
下町の銭湯、赤ちょうちん、無頼派文学、ボブ・マーレイ、ブルーハーツへの賛歌。
「ボーダー」の世界は、過激さ、妖しさ、温かさ、懐かしさに満ちている。

「木村、金貸せ。久保田、靴貸せ」
「おまえは評論家か?評論家は男のオバサンだぞ」
「この悲しみが狂気に変わらないうちに俺は旅に出る」
「魂は伝達可能だ、それだけは信じている」
「極貧と無限大は等しいってことさ、どちらも消費からスポイルされる」
「この人間交差点野郎が!」
「コンビニの余りモノだ、涙ぐむほどのもんかよ」
「俺は二人同時に求愛したんだ。そして俺は世間から気違い扱いされた」
「夢とロマンを探す思いに駆られて、男は一生フラフラ迷走しなきゃならねえんだ」

蜂須賀による、過激な居直りのような言葉が響く。

「迷走王 ボーダー」狩撫麻礼/たなか亜希夫作 双葉社 全14巻
スポンサーサイト

コメント

本屋で売ってないんだよね・・・(´・ω・`)

今、「双葉文庫 名作シリーズ」として本屋に並んでいる。

猛烈に懐かしさをおぼえた。好きだったな、この作品。
また読み返そうと思う。

2のスレで(最早過去スレですが)デタラメにボーダーその後を書いていた者です。

今や当方が蜂須賀さん状態っすよ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。