スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「妖怪ハンター」諸星大二郎 

存在に関する不安、あるいは何者かへの畏れ。
人間の底に眠っている恐怖の根源を探る漫画。


妖怪ハンター(地の巻)

人間の意識の底には、何者かに対する畏怖の記憶が眠っているのかもしれない。
作家ラヴクラフトの創造したクトゥルー神話は、人類が誕生する以前から地球に存在していた旧支配者への信仰が基本となっている。
旧支配者である暗黒の神々はヨグ=ソトホートとかニャルラトホテプとか、呪文のようなわけのわからない名で呼ばれる。
その不気味な力は、いまも魔道書の中に伝わっていたり、あるいは古代文明にまつわる伝説として残っているのかもしれない。そして、時に悪夢や狂気として人間に働きかけたりするのかもしれない。

諸星大二郎「妖怪ハンター」には稗田礼二郎という伝奇の語り部が登場する。この名は「古事記」の編纂者とされる稗田阿礼のもじりだろうと思う。
稗田礼二郎は妖怪の実在を説いたために学会を追われた民俗学者で、各地で起こる得体の知れない事件に介入する。

殺人事件を契機に、比留子古墳に隠された謎を追う「黒い探究者」。
突如として唇が真っ赤に染まり、学校を死の恐怖に陥れた女子生徒に宿る魔力を題材とした「赤い唇」。
隠れキリシタンの里に秘められた世界創世の物語を探求する「生命の木」。
死者を甦らせる反魂の法で町に混乱を招く、異形の侵略者による干渉を描いた「死人帰り」など、不気味きわまりない話が綴られた短篇集。

稗田礼二郎は、この世に眠っている得体の知れない恐怖の根を探ろうとするが、その淵源は底なし沼のように深い。それぞれの物語が終わりを迎えることで、謎がさらに深まるのである。

「深淵を覗くとき、深淵もまたあなたを覗いているのだ」
ニーチェの言葉を思い出す。

「妖怪ハンター・地の巻」諸星大二郎 集英社文庫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。