スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「犬神」外薗昌也 

わたくしといふ現象は
假定された有機交流電燈の青い照明です。


犬神 (4)

高校生の史樹は奇妙な犬と出会う。
犬は史樹に、宮沢賢治の詩を声を出して読めと強要した。

わたくしといふ現象は假定された有機交流電燈の青い照明です。
(あらゆる透明な幽霊の複合体)
風景やみんなといっしょにせわしく明減しながら
いかにもたしかにともりつづける
因果交流電燈のひとつの青い照明です……
-宮沢賢治「春と修羅」より

犬は瞑目して聞いていた。
自分が何者であるのかを知りたかったのかもしれない。
犬の耳には23という数字のかたちをした痣があった。
史樹は、この犬を23と呼んだ。

23エニグマという神秘思想がある。
23という数字には特別な意味があり、何やら不思議な力が宿っているとする考え方。
人間の染色体は23対であり、黙示録とされるマヤの暦は2012年の12月23日に終わっている。
カエサルは23回突き刺されて殺された。テンプル騎士団には23人の総長が存在した。
などなど、こじつけではないかと思われるものもあるが、とにかく意味があるらしい。

外薗昌也「犬神」では、アレイスター・クロウリーが唱えた23個の元素による生命の樹の在処をめぐって人間の欲望が交差する。アレイスター・クロウリーは20世紀最大の魔術師といわれる実在した人物である。生命の樹には永遠の生命、人間の次なる進化の鍵があるのかもしれない。

23、そしてゼロと呼ばれる犬は、人間の様子を観察する。あるいは積極的に干渉してくる。
犬たちは、何者かに「人間を見よ」と命令されていた。
23とゼロは、謎の23細胞の宿主で、驚異的な生命力と、体を武器化する能力を持っていた。
23は全身から剣のような突起物を出し、ゼロは鞭のような触手を伸ばして闘う。

人間は不完全な弱い生き物であることがこの漫画から伝わってくる。
精神が弱いし、知性が足りないから争いや不幸を呼び込む。
犬神、あるいはそれを超えた存在との深いレベルの交感が必要なのかもしれない。

「犬神」外薗昌也
アフタヌーンKC(講談社)全14巻
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。