スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アシュラ」ジョージ秋山 

「生まれてこないほうがよかったのに」
阿修羅の道を生きるなかで、そう叫び続ける漫画。


アシュラ(上)

大岡昇平の「野火」という小説がある。
南方に残された戦争末期の旧日本軍の兵隊たちにとっては、戦闘よりも食い物が先だった。
各自食料を調達し、とにかく生きていくだけだった。
そうしたなか、主人公は人肉に手をつけようとする。
右手で人肉を食べようとしたが、左手がそれをとめた。
あいまいだが、そんな話だったと記憶している。

「アシュラ」の舞台は、平安朝の頃だろうと思う。
飢饉が続き、餓死者が続出していた。
そんな時代に子を妊んだ女がいた。
女は阿修羅と化していた。
ほとんど狂女のように屍肉あさって食った。あるいは殺して食った。
子を産むためと思われたが、しまいには産んだ子さえも食おうとした。

女から産まれたのが、主人公のアシュラである。
嵐の中、母親に食われることから逃れたアシュラは、ひとり畜生道を生きる。
アシュラは食い物を盗んで食う。
あるいは襲いかかってきた男の腕を斬って食う。
腹が減れば人を殺して食って生きた。

やがてアシュラは、若狭という娘と出会い、言葉を教わる。
初めて人の優しさにふれる。
アシュラを人間道へと導こうとする法師とも出会う。
畜生道を生き抜いてきたアシュラだが、人間らしさに目覚めはじめる。
ただ食って生きてきた獣は、突然、愛情の飢えに襲われた。
腹の飢えではなく、激しい愛の飢えのため、ふたたび人を殺す。

最後に母親の墓標のまえで、アシュラは自分を思う。
「生まれてこないほうがよかったのに」

強烈な内容だったため、発表当時、大騒ぎとなった。
あちこちで批判が起こり、有害図書にも指定された。
1970年、大阪万博の年、戦後25年。
飢えというものが、遠い記憶になっていたのかもしれない。

「アシュラ」 ジョージ秋山
1970-1971年 講談社「週刊少年マガジン」に連載
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。