スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男おいどん 

押入に生えたキノコすら食ってしまうほどの貧乏を、
一度ぐらい体験した方がいい。


男おいどん (1)

貧乏がふえているらしい。
日本は格差社会とやらの進行で、多くの貧乏と、ごくごく少数の金持ちとに別れていくという。
金は寂しがりやだから、たくさんあるところに集まるらしい。
貧乏な人はより貧しく、金持ちはもっと金持ちになっていく。
一億総中流意識のもとの、豊かな日本は昔の話となったようだ。

おいどんとは九州弁で「おい(俺)」と「どん(殿)」。
なんとなく「俺様」に近い語感があるのかもしれない。

大山昇太は九州から上京したが、勤めていた工場をクビになり、赤貧の暮らしをしている。
夜間高校もやめたので、暇だった。
住まいはむろん、四畳半である。
家賃も払えないが、それはそれでなんとでもなる時代だった。
いまのようにクレジットカードで機械的に家賃を徴収されるようなことはなかった。
押入にはなぜか64枚のパンツと猿股があるが、これがほぼ全財産といってもいい。

「男やもめに蛆がわく」

と諺にもあるように、黴びた四畳半の押入にはキノコなども生える。
しかし、食う物がなければ、これも大切な栄養源となる。

金も職もないが、おいどんは若者だから恋はする。
だけど、すべて失恋である。
若者は失恋をしなければならない。

70年代の初め、若者は貧乏風でなければカッコ悪い、親が金持ちでもわざと貧乏をする、
そういう、ある種のフォークソングのような世界観が一部にはあったと思う。
まだ戦後の貧乏の名残りが色濃くあって、この漫画のように人間同士の関係も濃く、温かい感じがあったような気がする。
そういう時代がまたやってくるのかもしれない。

ところで、「男やもめに蛆がわく」の上の句は「女やもめに花が咲き」だが、これはどういう意味なのだろうか。

女やもめに花が咲き、男やもめに蛆がわく。

「男おいどん」 松本零士
1971-1973年「週刊少年マガジン連載」
スポンサーサイト

コメント

野風僧さん、ご無沙汰しています。男おいどん、松本零士さんの青春期の実話とも言える作品だそうです。
サルマタケがはえた話も実話だそうで、たしかちばてつやさん?か誰かが実際に松本氏の家にはえたキノコを食べたらしいですね。

同じ四畳半ものといえば他に「どくだみ荘」がありますが、こちらの主人公には志があるので、その点が大きな違いでしょうか?

コメントありがとうございます

サルマタケのエピソードについてはトリビアの泉でも紹介されていたようですね。
キノコにも人間にも奇妙な生命力を感じます。

「どくだみ荘」も時代が違うだけで同じようなものではないでしょうか。
四畳半ものではというか、便所部屋に住む「迷走王ボーダー」がその過激さ、妖しさ、文学性という面でピカ一だと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。