スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議のたたりちゃん 

女による女の観察。
女による女のいじめと、女による祟り。


不思議のたたりちゃん(1)

たたりちゃん(神野多々里)は生まれてすぐ、病院の看護婦からいじめられた。
学校に通うようになると、生徒からも先生からもいじめられる。
たたりちゃんは時にうざがられることもする。
みんなから、ちょっとズレているとも感じる。
でもたぶん、みんなの方がズレているのだと思う。
たたりちゃんは言わなきゃいけないことはしっかりと言う、強くてやさしい子だ。
いじめられても、一所懸命頑張って学校に来ている。

学校の奇麗な女の子たちは、女のどろどろした醜い部分を持っている。
だから、たたりちゃんへのいじめは精神的にも肉体的にもきつい。
埋める、髪の毛を切る、石を投げつけるといった暴行だけではない。みんなの前で日記を読まされたりもする。
しかし、いじめた子には恐ろしい祟りがめぐってくる。
目から針が飛び出してきたり、いきなり赤ちゃんにされてしまったり、化け物の世界で生きることを強要されたりする。

たたりちゃんは、自分がぼろぼろにされながらも、どこまでも健気にみんなのことを思い、いじめっ子には、ときにお仕置きとしての強烈な祟りを与える。
みんなにやさしくなってもらうためにやってきた、魔力を持つ天使のようだ。

「不思議のたたりちゃん」犬木加奈子
「少女フレンド」1991年- 連載
スポンサーサイト

コメント

私はこの不思議のたたりちゃんがいちばんすきです☆
コミック立ち読みしながらひどいいじめだな~とか考えてましたよ(>_<)v-12

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。