スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワッツマイケル? 

気まずい雰囲気になると、
踊ってごまかす猫。

What’s Michael?(3)

猫は仏典と一緒に日本にやってきたという。
インドの猫が仏典とともに、まず中国に渡った。そして中国から日本に仏典が伝わる時も、猫がくっついてきたらしい。仏典や仏具は鼠に囓られることがある。猫は鼠捕りの役目を持たされていたといわれる。

マイケルというしゃれた名前の猫がいる。
この猫には今林(こんばやし)という漫画家夫妻をはじめ、複数の飼い主がいるようだ。それぞれの家を気ままに渡り歩いて暮らしている。

マイケルは歯磨き粉と、サロンパスと、ミカンの匂いが嫌いで、獣医を嫌悪していた。
風呂も大嫌いである。シャンプーを見ただけで逃げ出す。
そのくせ、中年男の客に抱かれるのを嫌がり、男の口臭に顔を背けたりする。
蠅捕りに失敗したところを飼い主に見つけられると、踊りながら退場したりする。

マイケルは猫としての本能に逆らえない。
飼い主にいくら怒られても籐の家具をぼろぼろにしてしまうし、遊びたい気分ではなくてもネコジャラシを使われるとついカラダが反応してしまう。
怒るとカラダが膨らみ、うれしいとしっぽが立ち、興奮すると意味不明の行動をとってしまうことも自分では制御できない。人から受けた恩をすぐに忘れてしまうのも猫の本能である。

マイケルは争いごとを好まず、涼しく居心地のいい場所を見つけて気ままに暮らしていたが、仏頂面の太った巨猫「ニャジャラ」が登場したり、可愛い仔猫が生まれたりして、物語はだんだんにぎやかになっていく。

猫の習性をデフォルメしつつ、小林まこと独特の不思議な「間」によって表現された猫と人間の生態漫画。

「What's Michael?」全9巻 小林まこと 
1984年- 「週刊コミック モーニング」連載
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。