スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男組 

高校生ファシスト神竜剛次の覇道の前に、
アウトサイダーの流全次郎が立ちふさがる。

男組 (13)

兄弟姉妹型研究者の畑田国男は「弟の力」の中で、家族の中でのポジションが性格の形成に強い影響を与えると言っている。
「男組」の主人公、流全次郎と神竜剛次も「次」の字を名に持つ弟である。原作者の雁屋哲がこの二人を弟に設定していることにどういう意味があるのかはわからないが、二人とも外の世界では強いリーダーシップを発揮する。

青雲学園は、神竜剛次とその部下たちによる恐怖政治の支配下にあった。校長は学園を神竜の手から解放するために、関東少年刑務所にいた流全次郎を特別入学させる。流は手錠をはめたまま学園に乗り込み、神竜と対決する。流の手錠は、父親殺しの冤罪がはれるまでは外せない、自らにはめた鉄の枷だった。

「大衆はブタだ!」
神竜剛次は、詰め襟の制服に日本刀といった戦前の青年将校のような格好をし、その思想もファシズムそのもの。一方の流は関東少年刑務所のユニークな仲間たちを率いる自由人である。
知能指数180の伊庭、武芸十八般の高柳、大泥棒の大杉、動物使いの長浜 、怪力の岩瀬ら「五家宝連」は、才能とエネルギーを持て余し、使うべき方向を見失っていたが、流と出会い、神竜という巨大な敵を得ることで男の生き様を知る。やがて流たちは、それぞれの宿命に押されるように、神竜の背後にいる「影の総理」との決戦へと向かう。

太極拳、八極拳、螳螂拳といった中国拳法による闘いのシーンがよかった。池上遼一の描く悪役キャラ(奇妙な敵たち)は、ほんとうに不気味でインパクトがある。

雁屋哲は「男組」で得た印税をすべて美食につぎ込んで、次作「美味しんぼ」を書いたという。

「男組」作・雁屋哲 画・池上遼一
「週刊少年サンデー」1974~1979年連載
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。