スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校生無頼控 

70年安保の傷を背負い、兄を探す旅に出たムラマサ。
実は単なる軟派無宿だった。


高校生無頼控(第2巻) バップ 俺たちは天使だ!(10)

ムラマサこと村木正人の兄は過激派の学生だった。
兄が逮捕されたことにより、母は自ら命を絶つ。
ムラマサは、母を死に追いやった兄を斬るために鹿児島から上京する。

無頼の高校生ムラマサは、ガクランに木刀という時代がかったスタイルだが、頭も切れるし、腕も立つ。おまけに口も達者だった。
金欠の無宿者のため、ふんどし姿で奇行をおこない、女の注意をひく。
きっかけが掴めれば、急に多弁となり、不思議な説得力のある理屈をこねて女の脚を開かせ、一宿一飯にありつく。

次々に出てくる魅力的な女を落とす、ムラマサの機知に富んだ会話や行動が面白い。
旅本来の目的がなんだかわからなくなってくるが、青春の旅ということでいいのではないか。

映画版では沖雅也がムラマサを演じた。
沖雅也はのちに「おやじ、涅槃で待つ」と言い遺し、京王プラザホテルの最上階から飛び降りた。享年31歳だった。

「高校生無頼控」 作・小池一夫 画・芳谷圭児 双葉社「漫画アクション」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。