スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1(イチ) 殺し屋1の高校生篇 

「関西の骨折り」鬼鮫を、
イチの「泣きの蹴り」が屠る。

1 1 (1)

山本英夫作「殺し屋1」の主人公である城石一の高校時代を描く。
「殺し屋1」とは違い、ラストでは城石一が「いじめられっ子」から脱却し、喧嘩を始めるカタルシスがある。

イチは空手を習い続け、相当な実力に達していたが、心が弱く、喧嘩ひとつできない「いじめられっ子」だった。女子からも馬鹿にされ、男子からは小突かれ放題だった。
だがイチは、いじめが臨界点に達すると、突如爆発する危険な爆弾をうちに秘めていた。
一方、イチの空手仲間でパワージャンキーの赤熊大は、学校をシメていた。
大は、気のいい男だが、腕力でしか会話ができず、イチの気弱さに、いつも苛立っていた。

そこに暴力沙汰を起こし、関西から流れてきた第三の男が現れる。
関西で「骨折り」と呼ばれた鬼鮫だった。
後輩の腕の骨を折られた赤熊大は、敵を討つために鬼鮫を追うが、翻弄され、学校の屋上で戦闘不能にされる。大もまた腕の骨を複雑骨折した。
その様子を、最初は震えながら見ていたイチだが、やがて意を決する。
足をガクガクさせながらも超人的な蹴り技を出し、鬼鮫を捉えた。
そして暴力の喜びに目覚めていく。

山本英夫 「イチ1」全1巻 小学館ヤングサンデーコミックス 




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。