スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハクション大魔王 

「くしゃみ」をするとハクション大魔王が、
「あくび」をすると娘のアクビが壺の中から出てくる。

ハクション大魔王 セレクション3

そして、しゃっくりをすると妻のシャックリが出てきて、呼び出した「ご主人様」の願いをかなえてくれる。
大魔王の声は、低音で、のんびりした感じの大平透。昭和40年代の、なんとも平和なギャグアニメ。

与太山家の息子カンちゃんは、家の屋根裏にあった古いアラビア風の壺の前でクシャミをする。すると、ハクション大魔王が出てきた。大魔王は「~でごじゃる!」とか変な話し方をするし、算数が苦手、肝心の魔力もいまいちで、相当なズッコケ(当時の表現)である。しかし、カンちゃんも、どうでもいいようなお願いをするので、正直、すべてがどうでもいい。

かわいいのは娘のアクビ。
こっちは壺の前であくびをすると「出まして来ましてアクビちゃ~ん」と、妙に明る過ぎる登場の仕方。大魔王よりもしっかり者だが、イタズラ好きのため、いつも周囲を混乱させる。

「昭和元禄」といわれた時代に作られた、ほんとうに平和なアニメ。観ると、頭の中が陽気になる。

「ハクション大魔王」吉田竜夫・竜の子プロ制作 1969年~1970年 フジテレビ系で放映
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://retro7comic.blog57.fc2.com/tb.php/32-0cbdac6e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。