スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三つ目がとおる 

おでこの絆創膏が剥がれ第3の目が晒されると、
破壊的人格が出現する。


三つ目がとおる (1)

写楽保介(しゃらくほうすけ)は中学生だが、体格も知能も幼児並である。
いつも、おでこに絆創膏を貼っているなさけないやつで、いじめられっこでもあった。
だが、その絆創膏が剥がれ、第3の目があらわれると、人格が一変する。
急に目つきが鋭く妖しくなる。
破壊的人格の中に、強靱な頭脳と巨大なパワー、そして古代の知恵を秘めた超人に変身する。
というよりも、こっちの方が写楽のほんとうの姿だった。

写楽は古代に生きた三つ目族の末裔であり、第3の目は超能力を発揮するための特殊な器官だった。
三つ目族には現代とは異なる科学技術、知識の大系があるようで、奇妙な機械を自製したり、呪文を唱えてコンドルを呼び出したりする。

写楽は毎回、奇妙な事件に遭遇する。
そこには、古代遺跡にまつわる謎が絡んでいる。
同級生の和登千代子とともに、難事件を追う。
ピラミッドパワーやオーパーツ、古代の超破壊兵器などの「定番アイテム」が毎回でてくるが、写楽の目を通して手塚治虫独自の解釈が展開される。

手塚特有の、いのちの弱さ、はかなさ、そして大切さといった一貫したテーマも生きている。

「三つ目がとおる」 手塚治虫
「週間少年マガジン」1974-1978連載
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。