スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウトサイダー東宗介 

ビジネスの裏も表も知った男を、
最高級のヘッドハンターが迎えに来る。

アウトサイダー東宗介 2 (2)

アウトローとは法の外で生きる人間、アウトサイダーとは体制の外で生きる人間のことである。

母ひとりに育てられた東宗介は、もとよりエスタブリッシュメントではない。
東大からも追放されたためエリートにもなれず、アウトサイダーとして生きることを決意した。
学生ビジネスで稼いだ金を友人に持ち逃げされ、脱税を摘発されて借金を抱え込む。
バブルの帝王に拾われ、ディスコの経営で手腕を発揮。学問と実践、帝王のもとで不動産業の修行を積み、ビジネスの裏と表を知ったころにバブルは崩壊した。

数年後、仲間とともに金融屋を営んでいたころ、バックに巨大な組織をもつ企業舎弟に食いつかれる。
これを乗り越え、バブルの帝王の後始末をしたあと、無一文となって昔と同じように本郷の下宿で思案していたとき、高級ヘッドハンターを名乗る謎の老人が迎えに来る。
謎の老人からの依頼で、内紛を抱える大手部品メーカーや、ネットベンチャー企業に乗り込み、企業を再生することで、やがて本当のビジネスの道を発見する。

日本経済を好き勝手に動かしているのは、銀行をはじめとする大企業や官僚である。
国の大失策でバブルを生みだし崩壊させ、なんの責任もとらず、銀行には公的資金を投入する。救われた銀行は「貸し剥がし」をして中小企業を切り捨てた。

1999年より、集英社ビジネスジャンプに連載。
作・周良貨/画・森田信吾


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://retro7comic.blog57.fc2.com/tb.php/13-121c406f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。