スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アパッチ野球軍 

人間離れしたキャラと銭金の話に満ちた、
70年代の奇妙な野球漫画。


アパッチ野球軍 DVD-BOX

花登筐といえば、「番頭はんと丁稚どん」「銭の花」「どてらい男」など、ナニワのあきんどものの作者として有名だが、「アパッチ野球軍」のような奇妙な作品も書いていた。

ふつうの野球漫画ではない。
少年野球の話のはずなのに、すぐに銭金(ぜにかね)の問題が絡んでくる。
主人公の堂島剛は甲子園のヒーローだったが、ぜにかねの話に嫌気がさし、自ら左腕を破壊して四国の猪猿村にやってくる。人間離れした生徒たちの野球コーチの仕事を引き受けた。

なにかにつけて、ダム工事現場のダイナマイトを持ち出し、「発破かけるぞ?」と脅すハッパ。ナイフ投げの達人の網走。樵の息子で苦労人の材木など、キャラの設定からして何かしらの騒動を想像させるもの。

山育ちのモンキーは、なけなしの金を預かって街にみんなの野球道具を買いに行くが、途中で使い込んでしまい「文房具屋のオヤジに騙された」と、とぼけたりする。
また村長の娘の花子は、女の子なのに外野を守るところが痛々しい。頬の赤い、田舎娘丸出しのモンペ姿ながら、ひそかに堂島に恋しているところが泣かせる。

文明社会から置き去りにされたような田舎の野生児たちの身体能力やエネルギーはただごとではない。
堂島はそのすべてを野球に向けさせようとするが、むろん一筋縄ではいかない。ただ野球をしようというだけなのに、そこには、村における大人たちの利害対立や、野球で儲けをたくらむあきんどまで絡んでくるからややこしい。

人間の欲望というものは、とりあえず金と権力を求める。
過疎の村における闘争の構図は、単純であるからこそわかりやすい。
しかし、その本質は国家規模になろうとも変わりないものである。


「アパッチ野球軍」 花登筐・梅本さちお
1970-1972年 少年画報社「週間少年キング」連載
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。