スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天地を喰らう 

三国志演義を剛胆に歪め、
気合いの入った「男のファンタジー」に仕立てた漫画。




僕は昔、「吉川三国志」を貪るように読んだので、漫画で三国志を読む気はなかった。
ところがこの漫画は、連載の冒頭から奇妙な雰囲気があり、三国志とは全く別物の「男のファンタジー」になっていたので、つい引き込まれてしまったような記憶がある。

この漫画の肝は、呑邪鬼にあると感じた。
一話ぐらいで消える鬼キャラクターだが、印象が深い。
主人公である劉備玄徳が、肝の据わった男になるための重要な役どころでもある。
ちなみに、劉備玄徳の劉が姓で、名は備。玄徳は字(あざな)である。自分で好きにつけていいらしい。
中国人の姓は一字が多いといわれるが、諸葛孔明の場合、諸葛という二字が姓、名は亮、字が孔明である。

で、玄徳と孔明は、数百年に一度、人間の若い男の精を奪いにくる天界の竜王の娘、嵐と麗に遭遇する。嵐と麗が竜の姿となって天に帰るとき、玄徳と孔明もこれに密かに掴まって天界へと行く。
天界にて、逆に嵐と麗の性を奪おうというのである。
二人は、竜王の娘たちの心と体を開かせ、竜王により、何を望むかと問われる。
孔明は知識を望み、森羅万象を記した書のあるという山へ向かう。
玄徳は呑邪鬼の肝を喰らいに行く。
玄徳の求めるものは、何者にも、どんな状況にも動じない太い肝っ玉だった。勇気といってもいいかもしれない。苦難を乗り越え、見事呑邪鬼の肝を喰えば、それが得られると竜王はいうのである。

呑邪鬼とは、漢代から宋代の小説をまとめた「太平廣記」にも出てくる尺郭の別名らしい。
尺郭は、南に棲む身の丈七尺の鬼で、朝に三千匹の悪鬼を喰らうといわれている。
玄徳は、繰り出される恐怖の幻影に耐え、餌として捕らえられていた数千の悪鬼たちの奮起を促し、ついに呑邪鬼の太い肝を喰らう。
喰らうことで、天下をも喰らえる男の肝っ玉を手にいれるのである。

俗に、「男は度胸、女は愛嬌」という。
媚び笑いの愛嬌はあっても、肝心の度胸のない男は多い。
度胸がないと結局は何もなしとげられない。
勇気あるいは度胸こそ、もっとも大切なものだと、ひしひしと思うのである。

「天地を喰らう」 本宮ひろ志 全7巻
1984年~ 集英社「週刊少年ジャンプ」連載
スポンサーサイト

デビルマン 

万物の霊長だったはずの人類に天敵がいた。
天敵は人を喰うか、人と合体する。





太古の氷の中から甦ったデーモン(悪魔)たちは、精神的な攻撃によって人類をゆさぶる。

デーモンは無作為抽出による合体を始めた。
いきなり合体を仕掛けられると、ショック死するケースが多い。
その場合、むろんデーモンも死ぬが、いつ悪魔化するともしれない恐怖はただごとではない。
偶然合体に成功したデーモンは、素知らぬ顔で人間社会に紛れ込む。
人類を、互いに疑心暗鬼にさせることが、デーモンの狙いだった。
人間の弱い部分を突く。
知恵者がデーモンたちを操っているように思われた。

人間社会の中にスーツを着て紛れ込んだデーモンは、主食としての人間を襲う。
恐怖に引きつった顔の人間を喰うことを好む悪趣味は、悪魔そのものである。
やがて、中世ヨーロッパの魔女狩りのように、人間が人間を狩り始めるようになる。

不動明は友人の飛鳥了の企てによって、早くにデーモンの存在とその怖ろしさを知らされる。
明は強い酒を浴び、精神を解放し、本能をむき出しにした状態でデーモンとの合体に成功する。
合体したデーモンは地獄の勇者と恐れられたアモンだったが、「意志の闘い」の末、明の意識が肉体を支配する。
デビルマンとなった明は、その場にいた悪魔たちをみなごろしにした。

デーモン軍団による総攻撃によって、人類と悪魔たちによる、黙示録のような最終戦争が始まる。
不動明はデーモンと闘い、人間を守ることに使命を感じていた。「シレーヌ」や「ジンメン」などの凶悪なデーモンも死闘の末に倒した。
が、デビルマンとなって違う視点から人間をみることで、その精神の脆さ、あまりの愚かさに気づく。人間そのものに絶望し、怒りの業火を立て、周囲の人間すべてを焼き尽くす。
明は孤独に陥り、目標を失うが、やがて自分と同じ仲間であるデビルマンたちを求め、組織する。

霊長を自認する人類だが、多分に愚かであることはわかっている。
天敵でも得ることで、もう一段階進化した方がいいのかもしれない。

作者の永井豪は、デビルマンで描かれた美しい妖鳥「シレーヌ」、喰った人間の顔が背中の甲羅に宿る「ジンメン」などの悪魔キャラクターに思い入れがあるようで、他の作品にも登場させている。

「デビルマン」 永井豪
1972-1973年「週刊少年マガジン」連載

銀牙-流れ星銀 

使命感、仲間意識、怯まない心。
犬好きにはたまらない犬たちの挽歌。

銀牙―流れ星銀 (4)

食肉目イヌ科イヌ属タイリクオオカミ種イエイヌ亜種(もしくはイエイヌ種)。
犬と人間は1万数千年以上も前から親しかったといわれる。
人間は犬が好きだし、犬の方も人間のことをずっと好きでいてくれているようだ。

奥羽のマタギである武田五兵衛老人は、凶暴な巨熊「赤カブト」を目の敵にしていた。
五兵衛の猟のパートナーは優秀な熊犬リキと村田銃だった。
村田銃は明治期に連発式の国産ライフルとして開発され、明治陸軍の制式銃となったもので、相当な年代物のはずであるが、五兵衛はこれにこだわっていた。

五兵衛の村田銃によって頭に銃弾を食らった「赤カブト」は狂い熊となり、冬眠もせずに山を徘徊するようになっていた。体も巨大になり、性悪な逃亡熊たちを配下にして牙城を築き、奥羽山中に君臨していた。

「赤カブト」との闘いで五兵衛と離れ離れになった熊犬リキは、ハンターによって山中に置き去りにされ、野犬化していた犬たちを率いていた。打倒「赤カブト」をめざし、さらに全国の犬たちを結集すべく配下の犬たちに旅立つよう号令をかけた。
リキの息子である銀は、全国の「男」たちと闘い、友情を築くなかで成長してゆく。

最初はマタギの話かと思ったが、犬たちが主役の大絵巻のような物語だった。
リキ、銀の親子は秋田犬種で、グレートデンのベン、ドーベルマンのテリー、ジャーマンシェパードのジョン、紀州犬の甲賀忍犬赤目、サルーキーのクロスなど、いろんな犬が出てきて熱い会話を交わし、それぞれの生き様、死に様をみせる。

「銀牙~流れ星銀」高橋よしひろ 「週刊少年ジャンプ」1983-1985年連載
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。