スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木枯し紋次郎 

あっしには、
関わりのねぇことでござんす。

木枯し紋次郎 DVD-BOX 3 新・木枯らし紋次郎 編

「あっしには関わりのねぇことでござんす」
市川崑監督のテレビドラマ『木枯し紋次郎』で、紋次郎役の中村敦夫がつぶやいたこのセリフが70年代に流行った。
「関わりのねぇこと」言いながらも関わらずにはいられない、どうしても関わってしまう紋次郎の生き様が泣けてくる。

紋次郎は、上州新田郡三日月村の貧しい百姓の家に生まれ、十の歳に故郷を捨てる。その後、一家は離散したといわれる。「股旅もの」の常道で天涯孤独、無宿の渡世人である。
老い先短い母親のいる兄弟分の身代わりとなって紋次郎は流刑人となった。兄弟分は、母の最期を看取るまでと固く約束していた。
ゆえあって島抜けの仲間に加わるが、裏切り、仲間割れが起こり、ひとり紋次郎のみ娑婆へでることになる。そして娑婆で再会した兄弟分の態度をみて人間に絶望した。
紋次郎は、あてのない旅にでる。

どこへ行っても、世知辛い世の中である。旅の先々では、それぞれの人生を背負った人たちと出会う。手前勝手に欲望のままに生きる汚いやつらが弱い者をいたぶっている。
「関わりのねぇこと」とつぶやきながらも、激しく関わらざるをえない。
正統の剣術を身につけたわけではない。命を捨ててかかるような渡世人の喧嘩剣法。
くそったれた人間どもに怒りをぶつけるような、破れかぶれの闘い方だった。

死に場所を求めて彷徨うような旅だが、上條恒彦が歌った主題歌『だれかが風の中で』は、「どこかで誰かがきっと待っていてくれる……」という詞で始まる。
長楊枝をくわえて虚無主義をよそおいながらも、どこかでまだ人間に期待しているかのような紋次郎の哀しさを感じた。

「木枯し紋次郎」
劇画版  笹沢左保原作・小島剛夕画 リイド社
テレビドラマ 1972年- フジテレビ系 監督/市川崑・他 主演/中村敦夫
スポンサーサイト

仮面の忍者赤影 

赤い仮面は謎の人。
どんな顔だか知らないが、目だけは涼しかった。

仮面の忍者 赤影 第一部 金目教編

主役の赤影はいつも赤い仮面をつけていた。 目元が涼しく、鼻筋の通った二枚目であることはわかっていたが、どんな俳優なのかは知られていなかった。
赤影役の坂口祐三郎 は1963年に東映のニューフェイスに合格、その数年後に始まった実写版赤影の主役に抜擢されたようだ。
いつまでも「赤影のお兄さん」として、懐かしのテレビ番組特集などに出演していた姿が思い出される。2003年、61歳で亡くなった。

「豊臣秀吉がまだ木下藤吉郎だった頃……」
背景を説明するナレーションから毎回ドラマは始まった。
甲賀忍者の領袖幻妖斎とその手下たちが、幻術によって邪教「金目教」を民衆の間に広めていた。
幻妖斎もまた、闇の世界からの天下統一を狙っていたのだ。
織田信長の命を受けた木下藤吉郎は、飛騨の忍者赤影に「金目教」の壊滅と甲賀忍者退治を依頼する。
赤影は、仲間の白影(牧冬吉)、青影(金子吉延)を率いて幻妖斎と対決する。

幻妖斎の配下である霞谷七人衆の面々がなんとも奇妙奇天烈だった。
鬼念坊、蟇法師、白蝋鬼など、名乗りからしておどろおどろしい。
たとえば傀儡甚内(くぐつじんない)は、他人に化ける術を使う。百面相のように自由自在に顔を変えてやりたい放題だったが、最後は赤影に破れ、素顔を晒される。傀儡の正体は、なんと「のっぺらぼう」だった。

紅一点の闇姫は弱い女のふりをして赤影たちを騙す。得意の術は「忍法髪あらし」で、首を振って長い髪を回しながら風を起こす。風はやがて木をなぎ倒すほどの暴風となる。極悪非道の鬼女だが、しかし女ゆえに、まだ子供の青影を哀れに思い助ける。これが幻妖斎の怒りを買い、悲惨な最期をとげる。

白影は、赤影と青影がピンチになると、よく凧に乗って現れた。
青影の、鼻に親指を当て、てのひらを返しながら「だいじょうぶ」と言うおちゃめなポーズが、なんだか知らないが当時うけた。

「仮面の忍者赤影」横山光輝 週刊少年サンデー1966-1967年連載
実写版1967-1968年放映 関西テレビ

子連れ狼 

裏柳生が放つ刺客たちを、
子連れの業刀「胴太貫」が斬る。


子連れ狼 全28巻 小池一雄・小島剛夕/作 スーパー・プレミアム・コレクション子連れ狼 第八巻 2 ★20%OFF★

丹下左膳は隻眼隻腕、月影兵庫は猫が弱点だが、子連れの剣客という設定には正直恐れ入った。
命のやりとりにおいての緊張感が一層高まり、業刀・胴太貫(どうたぬき)の凄みが増す。

拝一刀(おがみいっとう)は、水鴎流の達人で公儀介錯人だった。
だが、柳生一族の謀略によってお家断絶、妻のあざみを失い、幼な子の大五郎を連れて諸国を放浪する。

拝一刀を屠ることに執念を燃やす裏柳生の総帥・柳生烈堂は、凄腕の刺客たちを放つ。
これを迎え討つ拝一刀は、修羅の道を覚悟し、自ら「冥道魔府」に入ることを宣言する。行き着く先は人間の血飛沫が舞う無限地獄しかない。
刺客たちはみな強烈な個性と信念、そして、それぞれの生き様を持っている。それぞれの宿命を背負っている。そこから逃れえない自分を熟知している。だからこそ、拝一刀との全生命力を懸けた果たし合いの中で、確信をもって斬られゆく。

激しい屠り合いを通して、しまいには柳生烈堂その人が、拝一刀に奇妙な愛を抱くようになるのが不思議だ。

小池一夫の人間を抉るストーリーと、小島剛夕の揺らぎのある絵も、まるで果たし合いをしているかのよう。

拝一刀役は、映画版では若山富三郎、田村正和、TVドラマでは北大路欣也も演じたが、魔界から来た求道者のような表情の萬屋錦之介が一番いいように思う。

「子連れ狼」作・小池一夫(小池一雄) 画・ 小島剛夕 
双葉社「漫画アクション」1970-1976年連載
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。