スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アパッチ野球軍 

人間離れしたキャラと銭金の話に満ちた、
70年代の奇妙な野球漫画。


アパッチ野球軍 DVD-BOX

花登筐といえば、「番頭はんと丁稚どん」「銭の花」「どてらい男」など、ナニワのあきんどものの作者として有名だが、「アパッチ野球軍」のような奇妙な作品も書いていた。

ふつうの野球漫画ではない。
少年野球の話のはずなのに、すぐに銭金(ぜにかね)の問題が絡んでくる。
主人公の堂島剛は甲子園のヒーローだったが、ぜにかねの話に嫌気がさし、自ら左腕を破壊して四国の猪猿村にやってくる。人間離れした生徒たちの野球コーチの仕事を引き受けた。

なにかにつけて、ダム工事現場のダイナマイトを持ち出し、「発破かけるぞ?」と脅すハッパ。ナイフ投げの達人の網走。樵の息子で苦労人の材木など、キャラの設定からして何かしらの騒動を想像させるもの。

山育ちのモンキーは、なけなしの金を預かって街にみんなの野球道具を買いに行くが、途中で使い込んでしまい「文房具屋のオヤジに騙された」と、とぼけたりする。
また村長の娘の花子は、女の子なのに外野を守るところが痛々しい。頬の赤い、田舎娘丸出しのモンペ姿ながら、ひそかに堂島に恋しているところが泣かせる。

文明社会から置き去りにされたような田舎の野生児たちの身体能力やエネルギーはただごとではない。
堂島はそのすべてを野球に向けさせようとするが、むろん一筋縄ではいかない。ただ野球をしようというだけなのに、そこには、村における大人たちの利害対立や、野球で儲けをたくらむあきんどまで絡んでくるからややこしい。

人間の欲望というものは、とりあえず金と権力を求める。
過疎の村における闘争の構図は、単純であるからこそわかりやすい。
しかし、その本質は国家規模になろうとも変わりないものである。


「アパッチ野球軍」 花登筐・梅本さちお
1970-1972年 少年画報社「週間少年キング」連載
スポンサーサイト

柔道一直線 

「地獄車」は、ほんとうに効くのか。
いまだ試した柔道家はいない?

柔道一直線 (第1巻)

現実の柔道の試合は地味で、観ていて退屈することもあるが、「柔道一直線」は、必殺技による破壊的な勝負が面白い。次々に出てくるキャラクターたちは、それぞれの性格を反映した必殺技を持っている。必殺技こそキャラクターであって、登場人物と必殺技は切っても切れない関係にある。

主人公の一条直也(桜木健一)は、魚屋の倅で柔道馬鹿。
父ちゃんは一流の柔道家だったが、直也が幼い頃に亡くなっていた。
直也は、父ちゃんと昔ライバルだった車周作(高松英郎)に弟子入りする。
車は過去、柔道の必殺技「地獄車」で人を殺してしまい、以来世捨て人のような暮らしをしていた。
車は直也に鉄の下駄を履かせるなど、地獄の修行を課す。修行の過酷さは次第にエスカレートし、しまいには直也を破門、最高の好敵手を育てたりして、とことん追い込んでいく。

直也の中学時代の必殺技は「二段投げ」。
相手をいったん頭上高くまで持ち上げ、遠くに投げると同時にそれを追いかけて、もう一度投げるという技。高校時代は「新・二段投げ」や、相手を一瞬催眠状態にしておいて、その隙に投げるという「真空投げ」などもあみ出す。

風祭右京の「十字不知火」は、敵を切りもみ状態で空に飛ばす技。九州の豪傑・城山大作は「大噴火投げ」で、相手を宙に浮かし、連続噴火で失神させる。さらに力石竜の「岩石崩し」、ロバート・クルスの「ライナー 投げ」など、退屈させないアイデアが凄い。技を掛けるときは、みんな必ず、技の名を「宣言」してから掛ける。

ドラマ実写版では、高松英郎に加え、牧冬吉(中学時代の先生役)、名古屋章(高校時代の先生役)、近藤正臣(結城真吾役)などの脇を固めるいい役者が揃っていた。
結城真吾は、いきなりピアノの鍵盤に跳び乗って、足で「ねこふんじゃった」を弾いたりした。意表を突くこのシーンは、ドラマ全編を通してもっとも話題となり、人々の記憶に刻まれた。近藤正臣は20代後半での高校生役。このドラマでブレイクした。

主人公が修行し、試練を乗り越えて成長する。闘いを通して友情を育み、次なる試練へと立ち向かっていく。そこに師弟や父子の厳しすぎる関係式が絡んでくるところなど、物語の構造やテーマは、ほぼ同時期に書かれたおなじ梶原劇画の「巨人の星」と共通するものが多い。これもスポコン漫画の原型のひとつといえる。

「柔道一直線」
原作・梶原一騎 画・永島慎二、斎藤ゆずる 「週刊少年キング」1967年~1971年連載 
テレビドラマ 1969年~1971年 TBS系

キックの鬼 

「真空飛び膝蹴り」という超現実的な技を、
実際のリングで使ったキックの鬼。


真空飛び膝蹴りの真実―“キックの鬼”沢村忠伝説

数年前、格闘技雑誌に沢村忠のインタビュー記事が載っていた。
写真の中の、現在の沢村忠は、昔と体型も変わらず、鍛えられた武道家といった印象だった。
いまは会社役員をしながら、子供たちに空手を教えているという。

アニメ「キックの鬼」と、現実のリングで行われた「キックボクシング」が、記憶の中で妙にダブっている人も多いのではないかと思う。「キックの鬼」は、梶原一騎の創作部分はあるものの、キックボクサー沢村忠の半生を描いたものだからだ。

空手の学生チャンピオンだった沢村忠は、ひとつの敗戦によって、いったんは挫折するが、やがて再起を決意。片方の眉を剃って山籠もり修行に入る。そしてキックという新しい道に挑戦し、リングの上でもチャンピオンになる。
現実の沢村忠(本名・白羽秀樹)も日大の学生時代、空手道部に属して全日本学生選手権で優勝。無敵を誇る「蹴りの白羽」の異名をとっていた。

必殺技は「真空飛び膝蹴り」だが、現実の必殺技も同じで、まさにフィニッシュ技だった。
跳び上がったあと、一瞬、真空状態になったかのように滞空し、顔面にめり込むような膝を入れる。ああいう技は、いまのK1では、やはり空手家のクラウベ・フェイトーザあたりが使いそうな気がする。武蔵を一撃で砕いた時の膝は、相当な破壊力だった。
アニメでは、殺人鬼ソンラムなどの恐ろしいムエタイの猛者たちが次々に襲いかかってくる。リングでも対戦相手はタイ人選手が多かった。

主題歌は、沢村忠自身が歌っている。
「鬼がリングで見た星は~」で始まるエンディングテーマの『キックのあけぼの』(作詞・梶原一騎 作曲・小林亜星)は、哀愁があって、渋くて、いい感じ。

「キックの鬼」1970年~1971年 TBS系で放送 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。