スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嗚呼!!花の応援団 

生き地獄のような大学応援団の生態をギャグ化した、
もっとも下品にして哀切ただよう漫画。






1970年代の漫画アクションは、「嗚呼!!花の応援団(75年)」「博多っ子純情(長
谷川法世・76年)」「じゃりン子チエ(はるき悦巳・78年)」など、地域性の強い、
あるいは土着的なアクの強い漫画のヒットを飛ばした。

江戸の頃、大坂は枚方のあたりに客を乗せた三十石船がさしかかると、くらわんか船
なるものが漕ぎ寄せて来て、喧嘩腰で酒や餅を売りつけたといわれる。
「われ起きんかい!酒喰らわんか、餅喰らわんか」
「金がなくて喰らわれんのかい?」
くらわんか船は河内のあたりからやってきたらしい。
こうした暴言、悪口雑言はなにも喧嘩を売っているのではなく、河内ではごく普通の
言葉遣いだったともいわれる。

「嗚呼!!花の応援団」の舞台は南河内大学というから、その地域性からいっても決
して上品ではない。暴力、性欲の表現も直截的で、放送禁止もしくは自主規制の対象
となるべき言葉が頻出するが、「方言だから許される」とばかりに遠慮会釈がない。傍若無人とすらいえる。

主人公は応援団の親衛隊長・三回生の青田赤道で、性と暴力の欲望にきわめて忠実な、
ある種のスーパーマンである。欲望を満たしたあとは「ちょんわちょんわ」「クエッ、
クエッ、クエッ」などと意味不明の雄叫びと下品なダンスで喜びを表現したりする。
そして、それを目撃した団のOBである剛田先輩が、目を点にして「団のめんぼく丸つ
ぶれ」と嘆いて落ちることが多い。
「目が点になる」という漫画表現は、この「嗚呼!!花の応援団」の作者どおくまん
が最初にやったのではないかと思う。

可哀相なのは「奴隷」である一回生たちで、硬派をめざして入団したのだろうが、先
輩たちの実体は軟派そのもので、行動に規範も自主規制もない。
大阪らしく、欲望と利に走るのである。

「嗚呼!!花の応援団」 どおくまん
1975年- 双葉社「週刊漫画アクション」連載
スポンサーサイト

バイオレンスジャック 

バイオレンスによる支配とバイオレンスによる抵抗。
善も悪もない、それぞれの自己表現による群像劇。

バイオレンスジャック (ゴラクコミックス) 全31巻 永井豪作 

「関東地獄地震」によって房総半島はちぎれ、丹沢山系には火山灰の壁が出来た。
さらに群発する地震が関東を孤立させた。関東は無法地帯となっていた。
スラムキングは、暴力による恐怖政治を布いて関東に君臨していたが、バイオレンスジャックの出現が人々を目覚めさせた。

スラムキングは母親の腹を突き破って生まれてきた異常児だった。
病的な力の持ち主で、常に鎧を身につけていなければ生きられない異常人だった。
幼少の頃より誰からも愛されなかったため、完全なる支配によって愛までも得ようとしていた。
キングの愛を拒めば、斬馬刀で手足を斬られ人犬にされる。
鎖に繋がれた男と女は涙を流し、おびえながらも、キングを倒してくれる人間を待ち望んでいる。どんな状況におかれても暴力には屈しない。

謎の巨人バイオレンスジャックは、鉈のようなジャックナイフをふるい、たった一人でキングの勢力に打撃を与える。ジャックは関東の人間たちに自由と自立への闘いを身を持って伝える。その伝え方は激しすぎるため、ジャックが通り過ぎたあとは廃墟となる。
やがて関東のすべての力がスラムキングの砦へと向かう。

「バイオレンスジャック」の舞台である無法地帯の関東は、人間の業をすべて吐き出すような激しい自己表現の場であると思った。誰もが全身全霊で生き抜かなければならない。
そして、他を認めない自己表現は滅ぼされると感じた。

「バイオレンスジャック」 永井豪
1973-1974年「週刊少年マガジン」連載
1977-1978年「月刊少年マガジン」連載
1983-1990年「週刊漫画ゴラク」連載

魁!!男塾 

気にすんな、おまえが弱いんじゃねぇ、
俺が強すぎるんだ。


魁!!男塾(第15巻)

男塾一号生で覇極流槍術の達人・伊達臣人が、倒した敵に捧げた自意識過剰の名ゼリフ。

男塾は三百年の伝統を誇る全寮制の私学校で、たぶん現学制上では高等学校の課程を修めるところ。
塾長の江田島平八は旧海軍士官で、教育方針は精神主義そのもの。
といっても、べつに愛国心を植えつけたりするのではなく、ひたすら根性を磨くためだけに馬鹿げた試練を塾生たちに与え続ける。

たとえば男塾名物のひとつである「直進行軍」。
ただ単に街に出て全員で道を直進するだけの授業だが、途中、どんな障害があろうとも避けてはいけないという決まりがある。だから食事中の民家にも土足で踏み込み、ヤクザの事務所も交番も打ち壊して直進を続ける。その結果起こる悲惨な状況にも耐えなければならないという課外授業だ。
そして「油風呂」や「撲針愚(ボクシング)」など、どういう意味があるのかわからない試練が毎回続く。

考えてみると、大人の社会も理不尽なことだらけである。理不尽が平気でまかり通っている。
どんなことにも耐えてみせるという意地と根性を持った人間が社会に出て大成するともいえる。
塾生たちは無理難題に一丸となって立ち向かうことで、厚い友情で結ばれるようになる。

話は「驚邏大四凶殺編」あたりから決死の武道大会が延々と開催され、闘いの日々が続く。
一号生筆頭・剣桃太郎、伊達臣人、富樫源次、三面拳、三号生筆頭・大豪院邪鬼らが男塾代表となり、全国や世界の猛者たちと死闘を繰り広げる。

現実離れした拳法や武術が次々に出てきて、その都度、技や訓練法などについて「もっともらしい」解説がなされた。
出典はたいてい「民明書房」刊行の書籍。
「民明書房」は架空の出版社だが、この「もっともらしい」手法がうけ、ネット掲示板などに嘘ネタを書き込むときの引用元として使われるようになった。

「魁!!男塾」宮下あきら 1985-1991年「週刊少年ジャンプ」連載
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。